「タリバンと協議必要」 EU、承認の可否は別に

欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(ロイター)
欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(ロイター)

欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は17日、アフガニスタンを掌握したイスラム主義組織タリバンについて「戦いに勝った以上、われわれは(彼らと)協議せざるを得ない」と述べた。その上で「タリバンを承認すると言っているわけではない。女性を守ることや、あらゆることについて協議しなければいけないということだ」と説明した。

アフガン情勢への対応を話し合うため開かれたテレビ会議形式での臨時外相会議の後、記者会見で語った。

EU各国ではタリバン復権を受け、女性の人権侵害や欧州への移民・難民の流入、国際的なテロ活動を不安視する声が高まっている。ボレル氏は、こうした問題を解決する上でタリバンとの対話が必要になると強調した。

その上で、女性を含むアフガン人の基本的人権が尊重され、テロ組織による国土の利用が阻止された場合のみ「将来のアフガン政府」と協力すると声明で警告した。