バッハIOC会長が東京パラで来日調整 開会式に出席

IOCのバッハ会長
IOCのバッハ会長

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が24日の東京パラリンピック開会式に合わせて来日する方向で、関係機関が調整していることが分かった。複数の関係者が18日、明らかにした。23日の来日が有力という。

バッハ氏は五輪前の7月8日に来日し、五輪期間中滞在した。

滞在中は五輪関連の式典や行事に出席したほか、被爆地の広島市を訪問。今月9日午後にはバッハ氏とみられるマスク姿の人物が東京・銀座を散策する姿が会員制交流サイト(SNS)上で広がった。

会員限定記事会員サービス詳細