宿泊療養施設から2人が無断外出 感染過去最多の大阪

大阪府庁
大阪府庁

大阪府は17日、新型コロナウイルスに過去最多の1856人が感染し、60~90代の男女4人が死亡したと発表した。新規感染者はこれまで最多だった14日発表の1828人を上回った。

また府は、15日深夜から16日未明にかけて大阪市の宿泊療養施設から10代男性2人が無断で外出したと明らかにした。2人は外出許可を得ていると警備員に虚偽説明していた。「マスクを着用し近くのコンビニに行った」と説明、濃厚接触者はいないと判断された。

17日の発表では40~80代の男女16人が重症とされた。直近1週間の陽性率は11・7%。変異株用のPCR検査では、新たに544人がインドで最初に確認された「デルタ株」に感染した疑いがあるとされた。