菅首相記者会見

抗体カクテル療法治療薬「十分な量確保」

菅義偉(すが・よしひで)首相は17日の記者会見で、新型コロナウイルス治療薬の抗体カクテル療法について「先月導入された中和抗体薬は、重症化リスクを7割も減らすことができる画期的な薬だ。政府は、十分な量を確保しており、今後、病院のみならず、療養するホテルなどでも投薬できるよう、自治体と協力を進めていく方針だ。対象となる50代以上や、基礎疾患のある方々に対して集中的に使用し、重症化を防いでいく」と述べた。