バイデン氏、アフガン撤収の「決断を後悔せず」

16日、ホワイトハウスでアフガニスタン情勢に関して演説するバイデン米大統領 (AP)
16日、ホワイトハウスでアフガニスタン情勢に関して演説するバイデン米大統領 (AP)

【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米大統領は16日、ホワイトハウスでアフガニスタン情勢に関して国民向けに演説した。バイデン氏は「アフガンにおける米国の戦争を終結させる決断を後悔していない」と述べ、アフガン駐留米軍を撤収させる判断は間違っていないと改めて主張した。

バイデン氏は「米国益に沿わない紛争にとどまるという過去の過ちは繰り返さない」と強調。アフガン駐留の継続は「米国民が望んでいない」とも語った。

また、イスラム原理主義勢力タリバンが一気に実権を掌握したのは「アフガン政府首脳らが国外に逃れ、国軍部隊が戦うことを拒否しているためだ」とし、「アフガン国軍が戦う気のない戦争で米兵が戦死することがあってはならない」と訴えた。

自国民救出のため、アフガニスタン・カブールの国際空港に到着した米空軍のC-17輸送機(AP)
自国民救出のため、アフガニスタン・カブールの国際空港に到着した米空軍のC-17輸送機(AP)

バイデン氏はさらに「中国とロシアは、米国がアフガニスタンに膨大な資源を投入し、忙殺されるのを望んでいる」と語り、アフガン駐留を続ければ中露を利することになると主張した。

「私の決断が批判されることは分かっているが、次の大統領に先送りはできない」とも語った。

バイデン氏は一方で、タリバンの攻勢とガニ政権の崩壊について「想定していたよりも早かった」との認識も示した。

同時に、通訳や翻訳者として米軍に協力したアフガン人およびその家族らの国外退避に向けた支援の継続は続けると表明した。タリバンが米軍や米国民を攻撃した場合は「迅速に対処する」と警告した。

これに対し、下院軍事委員会のロジャース筆頭理事(共和党)は15日の声明で、バイデン氏の演説について「アフガンでの実態を反映していない。現在の安全および人道上の危機は、バイデン氏による申し開きのできない決断と、事前準備の失敗が引き起こしたものだ」と非難した。