靖国参拝「正義への挑発」 中国、露と協力

中国の王毅国務委員兼外相(共同)
中国の王毅国務委員兼外相(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省は17日、王毅(おう・き)国務委員兼外相が16日にロシアのラブロフ外相と電話会談し、菅義偉(すが・よしひで)首相が靖国神社に玉串料を奉納し、閣僚の一部や安倍晋三前首相が参拝したことについて「国際的な正義への挑発だ」と批判したと発表した。歴史問題について中露両国で協力して対処していく方針を確認した。

王氏は「第二次大戦の主要戦勝国である中露が協力して歴史の真相を守り抜き、軍国主義を粉飾や美化する行いに反対し、歴史を歪曲(わいきょく)するたくらみを制止しなければならない」とロシア側に呼び掛けた。

中国側の発表によると、ラブロフ氏は「両国は協力を引き続き強化し、記念活動を共同で行い、歴史を汚すいかなる勢力にも反対すべきだ」と応じた。