きれいのワンポイント

冷房による冷え対策にマッサージを

お盆が過ぎましたが、厳しい暑さが続きますね。冷房の効いた部屋で一日中テレワークをしていると、いつの間にか体が冷え、肌が乾燥していると感じることはありませんか? これは、頭皮も同じです。まだ気温が高く、汗や皮脂によるべたつきが気になるかもしれませんが、実は冷房による冷えや乾燥で、頭皮の血行が悪くなり、潤いも奪われているのです。

冷房の影響を受け続けた夏の終わりには、頭皮マッサージがおすすめです。マッサージにより血液やリンパ液の循環を促し、新陳代謝を高めて健康な頭皮を保つことができます。顔のむくみ解消も期待できますよ。

頭皮マッサージの際は、頭皮用のエッセンスや育毛料などを使うと、潤いを補うことができます。

ほぐすときのポイントは髪の内側まで指を入れ、指の腹で頭皮をしっかりとつかんでもむことです。

また、テレワークなどをしていると、冷えや、長時間同じ姿勢でいるため、足がむくんでパンパンになってしまうこともあります。血液やリンパの流れが滞り、全身の代謝が落ちることが原因です。

「第二の心臓」ともいわれる足のツボを刺激し、血液循環を促進しましょう。

まずは、足の裏の中央より少し上側にある「湧泉(ゆうせん)」というツボを押してみましょう。水分代謝を促し、体力を高める効果もあるといわれています。さらに、内くるぶしの一番高いところに小指を置き、4本指をそろえて人さし指が当たる「三陰交(さんいんこう)」や、膝のお皿(膝蓋骨)の下の外側にあるくぼみに人さし指を置き、4本指をそろえて小指が当たる「足三里」も、体の冷えを取り、体調を整えるのに有効です。

頭皮マッサージもツボ押しも、気持ちいいと感じるくらいの強さで行うことがポイントです。仕事や家事の合間でも、簡単にできるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか? 少しでも気分がほぐれて、リフレッシュしながら日々の生活を送れるといいですね。

近藤尚子(こんどう・しょうこ) 百貨店などで店頭に立つビューティーコンサルタントの中から選抜され、高度な専門教育を受けた資生堂ビューティースペシャリスト。メークやスキンケアにとどまらず、健康やマナーについても幅広い知識を持つ。