週刊文春、中づり広告終了へ 電子版強化に宣伝費投入

「週刊文春」編集部は17日、8月26日発売号を最後に電車内の中づり広告を終了すると発表した。広告の締め切りが誌面制作の制約になることなどが理由。今後は宣伝費を「週刊文春 電子版」に投入し、強化していくという。

編集部によると、誌面の校了直前に取れたスクープのタイトルが、締め切りの早い中づりには反映できないなど、制作上の制約となるケースが増えていた。

同誌の発行部数は、今年4~6月の毎号平均で約51万7千部。現在、東京メトロの丸ノ内線など5路線で計1700枚、大阪メトロで計1500枚の中づり広告を掲載している。

加藤晃彦編集長は「中づりは週刊誌の象徴とも言うべき存在で、終了は寂しい思いがある。ただ、スクープを掲げる『週刊文春』にとって、デジタルの世界で挑戦していくことはチャンスでもある」とコメントしている。


週刊新潮も9月末に中づり広告終了へ

会員限定記事会員サービス詳細