碁聖戦、井山棋聖勝ち最終局へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

碁聖戦、井山棋聖勝ち最終局へ

井山裕太棋聖(日本棋院HPから)
井山裕太棋聖(日本棋院HPから)

囲碁の第46期碁聖戦五番勝負の第4局が17日、新潟市で行われ井山裕太棋聖(32)=名人・本因坊=が198手までで、一力遼碁聖(24)=天元=に白番中押し勝ちし、対戦成績を2勝2敗とした。最終第5局は29日、東京都千代田区の日本棋院で打たれる。

今回の五番勝負で一力碁聖には初防衛が、井山棋聖には4期ぶり(通算7期目)の碁聖返り咲きがかかっている。井山は5月から7月に行われた本因坊戦七番勝負でも最終局までもつれこんだ末に防衛、10連覇を果たしている。

碁聖戦の決着がつく前、今月26日には第46期名人戦七番勝負が開幕する。そこで両者は立場を入れ替えて対局する。一力碁聖が井山名人に挑むシリーズだ。名人戦も第7局までもつれれば、11月5日までの長丁場となる。