ハイチ地震死者1419人 避難先、医療施設も不足

16日、ハイチ南西部レカイで倒壊した建物のがれきの上を歩く人々(ゲッティ=共同)
16日、ハイチ南西部レカイで倒壊した建物のがれきの上を歩く人々(ゲッティ=共同)

カリブ海のハイチを14日に襲ったマグニチュード(M)7・2の地震で、地元当局は16日、死者が少なくとも1419人、負傷者は約6千人に上ったと明らかにした。米メディアが伝えた。被災地では家屋を失った人々の避難先や医療施設の不足が深刻化。熱帯低気圧「グレース」の接近に伴って豪雨や土砂災害への懸念も高まっている。

行方不明者も多数いるが、人員や資材の不足で救助活動は難航しており、死傷者数はさらに増える恐れがある。

地元当局によると、約1万2千軒の建物が倒壊したり損傷したりして、約3万世帯が家屋を失った。多くの被災者がサッカー場などで避難生活を送るほか、南西部ジェレミーでは医療施設に患者を収容しきれず、屋外に置かれた担架やマットレスを使っている。

グレースは16日、ハイチ南西部の被災地周辺を通過する見込み。(共同)