前線停滞、大雨続く 災害に厳重警戒を

16日午後11時現在のひまわり雲画像
16日午後11時現在のひまわり雲画像

停滞し続ける前線の影響で、西日本から東北では18日にかけても大雨になる恐れがある。気象庁は17日、引き続き土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。雨はその後も続く見込みで、総雨量はさらに増えそうだ。

気象庁によると、前線が中国・華中から西日本を通り、日本の東へ延びている。対馬海峡付近にある前線上の低気圧は、18日にかけて日本海へ進み、前線は同日夜に北海道付近まで上がる見込み。低気圧や前線に暖かく湿った風が流入し、非常に不安定な大気の状態が続く。前線は20日ごろにかけて停滞するという。

18日朝までの24時間予想雨量は、いずれも多い場所で、九州、四国250ミリ、中国、東海200ミリ、近畿180ミリ、関東甲信120ミリ、北陸100ミリ、東北80ミリ。その後の24時間は、四国、東海100~200ミリ、中国、近畿、関東甲信100~150ミリ、九州、北陸、東北50~100ミリ。

会員限定記事会員サービス詳細