土石流、母子3人死亡 長野・岡谷、住宅直撃

土砂が流入した住宅=15日午前、長野県岡谷市(長野県諏訪建設事務所提供)
土砂が流入した住宅=15日午前、長野県岡谷市(長野県諏訪建設事務所提供)

15日午前5時半ごろ、長野県岡谷市川岸東3丁目付近を巡回していた消防団員から「土砂が家の中に入り、2階に人が取り残されている」と119番通報があった。市によると、この住宅にいた8人のうち5人が病院に搬送され、3人が死亡した。他の2人は軽傷。県諏訪建設事務所は、土石流が発生したとみている。

市によると、死亡したのは、同県辰野町在住の巻渕友希(まきぶち・ゆき)さん(41)、中学1年、春樹(はるき)さん(12)、小学2年、尚煌(なおき)君(7)の母子3人。軽傷は10代と40代の男性。裏山から流れてきた土砂が2階を直撃したとみられ、付近では車の下半分が埋まった。8人の関係などを確認している。

市によると、住宅は土砂災害特別警戒区域内。発生の通報が午前5時半ごろ、避難指示は同6時で発生よりも遅かった。今井竜五市長は記者会見で「(指示の)タイミングは考えていかないといけない。今後検証したい」と話した。