終戦76年、全国戦没者追悼式で記憶の継承と平和誓う

全国戦没者追悼式で黙とうする参列者=15日正午、東京都千代田区の日本武道館(代表撮影)
全国戦没者追悼式で黙とうする参列者=15日正午、東京都千代田区の日本武道館(代表撮影)

76回目の終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。天皇、皇后両陛下のご臨席のもと、菅義偉(すが・よしひで)首相や全国の遺族ら計185人(付き添い含む)が参列。新型コロナウイルスの感染拡大で2年連続の規模縮小となった。今回は緊急事態宣言下での開催で、参列者数は過去最少だった。

戦後生まれが8割超となって代替わりが進む中、先の大戦で犠牲となった軍人・軍属約230万人、一般国民約80万人の計約310万人の冥福を祈り、記憶の継承と平和への誓いを新たにした。

コロナ禍で事前に22府県の遺族が欠席を決め、参列者数は昭和38年の式典開始以来最少だった昨年の540人をさらに下回った。厚生労働省は昨年に続き、今回も追悼式をインターネットで中継した。

式典では、菅首相が「戦争の惨禍を二度と繰り返さない、この信念をこれからも貫く。新型コロナ感染症を克服し、一日も早く安心とにぎわいのある日常を取り戻し、この国の未来を切り開く」と式辞を述べた。

参列者らは起立し、正午の時報を合図に1分間の黙禱(もくとう)をささげた。

天皇陛下はお言葉で、「力を合わせてこの困難を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います」と述べられた。

昭和19年に陸軍上等兵の父、輝治(てるじ)さん=当時(35)=が中国湖南省で戦病死した兵庫県遺族会会長の柿原啓志(ひろし)さん(85)=同県丹波市=が遺族代表として参列した。

柿原さんは「戦争の意識が薄れゆく今日もなお、私たちは失った家族の面影を求め、思いをはせている。遺族も時の流れとともに年老い、次世代に思いをつなげていくために力を合わせて平和の大切さを伝えようとしている。国の礎となられた方たちに感謝の心を寄せていただきたい。決して忘れてはならない大切なことだ」と追悼の辞を読み上げた。

厚労省によると、今年参列した遺族は10代から90代の53人(付き添い39人)。高齢化などを背景に、今年は戦没者の妻の参列が初めてなかった。

>「なお一層心を一つに」天皇陛下のお言葉全文

会員限定記事会員サービス詳細