「緊急安全確保」7県で発令 九州3県と広島、長野、岐阜、島根

大雨の影響で一面が水に漬かった佐賀県武雄市=14日午前(同県提供)
大雨の影響で一面が水に漬かった佐賀県武雄市=14日午前(同県提供)

停滞する前線の影響で14日、大雨特別警報が佐賀、長崎、福岡、広島の4県に出た。総務省消防庁などによると、避難情報のうち最高レベルの「緊急安全確保」が同日午後0時半現在、4県の約65万世帯、約142万人に発令。その後、長野、岐阜、島根各県でも「緊急安全確保」が発令された。

前線は本州付近に1週間程度は停滞する見通し。各地で土砂災害や水害が起きており、気象庁は警戒を呼び掛けた。

同庁によると、15日夕までの24時間予想雨量は多い所で東海300ミリ、関東甲信250ミリ、九州北部、四国、中国、近畿200ミリ、九州南部180ミリ、北陸、東北100ミリ。その後の24時間は九州南部100~150ミリ、九州北部、関東甲信50~100ミリ、四国、中国、近畿、東海、北陸、東北は約50ミリ。