ボート転覆、高校生死亡 福岡市沖

15日午前10時45分ごろ、福岡市中央区荒津の沖約200メートルの海上で「ゴムボートが転覆し男子高校生が溺れている」と通報があった。約1時間35分後、福岡海上保安部が海底に沈んでいる男子生徒を発見。搬送先の病院で死亡が確認された。溺死とみられる。

福岡県警などによると、亡くなったのは福岡市の高校2年生。中学時代の同級生2人と長さ約1・8メートルの手こぎのゴムボートで遊んでいた際、高波にのまれ転覆した。他の2人は自力で岸まで泳ぎ無事だった。

当時、現場付近の天候は曇りで、福岡地方に大雨警報が出ていた。