長野で集落孤立 14人取り残される

長野県は15日、大雨で同県王滝村の村道が陥没して通れなくなり、村内の集落1カ所が孤立したと発表した。県や村によると、同日早朝に陥没を確認。9世帯14人が取り残されているが、体調不良を訴えている人はいないという。天候の回復を待って、16日以降にヘリコプターで救助する予定。