用水路で女性2人死亡 長崎、大雨との関連調査

14日午後7時40分ごろ、長崎県西海市西彼町上岳郷の用水路で、女性2人がうつぶせで倒れていると119番があった。県警によると、2人は近くに住む無職の北村ヤエさん(73)と民生委員の田崎文子さん(70)で、その場で死亡が確認された。県警などが死因や大雨との関連を調べている。

西海署によると、田崎さんは14日午前11時すぎ、北村さんから連絡を受け、自宅に様子を見に行った。田崎さんが帰宅しないため心配した親族らが捜していたところ2人を見つけた。

用水路は幅約1メートル、深さ約1・3メートル。北村さんは用水路内で、田崎さんはそこから約30メートル離れた用水路脇に倒れていた。 長崎県では14日、大雨特別警報が出ていた。