ハイチで地震3百人超死亡 M7・2、非常事態を宣言 1800人以上負傷

ハイチ地震で倒壊した建物=14日、ジェレミー(ゲッティ=共同)
ハイチ地震で倒壊した建物=14日、ジェレミー(ゲッティ=共同)

米地質調査所(USGS)によると、カリブ海のハイチ西部で14日午前8時29分(日本時間午後9時29分)ごろ、マグニチュード(M)7・2の地震があった。AP通信は死者が少なくとも304人に上り、1800人以上が負傷したと伝えた。行方不明者も多数出ているもようだ。アンリ首相は全土に1カ月間の非常事態を宣言し、被災者の救助や被害状況の全容把握を急いでいる。

震源地は首都ポルトープランスの西約125キロで震源の深さは10キロ。地震による地滑りで幹線道路が通行できなくなり、救助活動は難航。16日夜から17日朝にかけては熱帯暴風雨の襲来も予想されており、被害拡大の懸念が高まっている。

会員制交流サイト(SNS)には押しつぶされたように崩落した建物や、路上に散乱するがれきなどの写真や動画が投稿された。ポルトープランスでは多くの住民が建物の外へ避難した。(共同)

>大坂「心を痛めている」 ハイチの地震で投稿