崖崩れで1人心肺停止、民家など被害 長崎・雲仙

13日午前4時10分ごろ、長崎県雲仙市小浜町雲仙のホテルで、土砂が流れ込んでいると従業員から119番があった。県警と消防によると、近くの民家などが崖崩れに巻き込まれ、50代前後とみられる女性が助け出されたが、心肺停止の状態。建物内に取り残された60代ぐらいの男性も救出中だが、意識はあるという。

県警と消防は他に巻き込まれた人がいないかどうか確認を急いでいる。

気象庁によると、長崎県雲仙市で13日朝までの48時間に降った雨の量は700ミリ超で、観測史上最多を更新した。