硫黄島近海で海底噴火か 「福徳岡ノ場」

気象庁は13日、小笠原諸島・硫黄島の南約50キロの海底火山「福徳岡ノ場」で噴火が発生したとみられると発表した。周辺海域での警戒を呼び掛けている。

気象庁によると、気象衛星ひまわりの観測で13日午前6時20分ごろから噴煙が観測された。軽石など浮遊物に注意が必要としている。