10月放送のアニメ「ぐんまちゃん」 県がポスター2万5千枚、ツイッターで話題作り

10月から地上波放送が始まるアニメのぐんまちゃん(中央)とみーみ(左端)、あおま(右端)
10月から地上波放送が始まるアニメのぐんまちゃん(中央)とみーみ(左端)、あおま(右端)

10月から地上波放送が始まる群馬のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」のアニメで、群馬県は認知度アップに向け、アニメをPRするポスター約2万5千枚の配布を始めた。「ぐんまちゃんHELLOキャンペーン」と銘打ったPRを12月末まで展開していく。

アニメは30分。「ぐんまちゃん」のタイトルで、10月3日から順次、群馬テレビなど関東、関西の8放送局で放送開始する。8局で国内世帯の48%をカバーできるとされ、作品を通じて群馬の知名度アップや経済効果などにつなげる。

キャンペーンでは、ポスターを県の各行政県税事務所、県内の各市役所、各町村役場など公的機関へ配布。ぐんまちゃんファンの個人にも無料で提供する。送料を負担すれば希望者への郵送も受け付け、露出を増やして認知度を高める。

短文投稿サイト「ツイッター」でポスターを掲示した様子の画像を発信すればプレゼントがもらえるPR戦略も展開。ネット上でも話題づくりを進める。

アニメの監督・脚本は、人気漫画「クレヨンしんちゃん」テレビアニメ版の初代監督を務めた本郷みつるさん。「ぐんまちゃんはいつだってともだち」をテーマに、1話約7分を3話ずつ計13回放送する予定。