岸防衛相ら2閣僚が靖国参拝 私費で玉串料奉納

靖国神社を参拝し、取材に応じる岸防衛相=13日午後
靖国神社を参拝し、取材に応じる岸防衛相=13日午後

岸信夫防衛相、西村康稔経済再生担当相は13日、終戦の日の15日に先立ち東京・九段北の靖国神社を参拝した。両氏によると、私費で玉串料を納め、それぞれ衆院議員の肩書で記帳した。現職の防衛相の参拝が確認されたのは、平成28年12月の稲田朋美氏以来。

岸氏は参拝後、記者団に「先の大戦で国のために戦い命を落とした方々に哀悼の誠をささげた。不戦の誓い、国民の命と平和な暮らしを守り抜く決意を新たにした」と説明。現職の防衛相の参拝が中韓両国の批判を招きかねないとの指摘には「それぞれの国において英霊に尊崇の念を示すのは当たり前のことだ」と強調した。岸氏は安倍晋三前首相の実弟。

西村氏は取材に「静かな形でお参りした。犠牲となられた英霊の安寧をお祈りし、日本が戦後歩んできた平和国家の道をさらに進めると改めて誓った」と答えた。自民党の有村治子元女性活躍担当相も13日に参拝した。

会員限定記事会員サービス詳細