大雨で菅首相指示「人命第一で災害応急対策に全力を」

菅義偉首相(春名中撮影)
菅義偉首相(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は13日午前、停滞する前線の影響で広島県など西日本を中心に大雨となっていることを受け「被害が発生した場合は、被害状況を迅速に把握するとともに、政府一体となって、人命第一で災害応急対策に全力で取り組むこと」とする指示を出した。

首相指示では「地方自治体とも緊密に連携し、浸水が予想される地区の住民の避難が確実に行われるよう、避難支援などの事前対策に万全を期すこと」も求めた。また「国民に対し、避難や大雨・河川の状況などに関する情報提供を適時的確に行うこと」とした。

政府は同日、首相官邸危機管理センターに設置していた情報連絡室を格上げし、官邸連絡室を設置した。同日午前11時には大雨に関する関係閣僚会議を開催する。

会員限定記事会員サービス詳細