現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

「持たざる国」の総力戦支えた陸軍経理部 戦後76年で見えた光と影

本間正人・秀明大准教授(本人提供)
本間正人・秀明大准教授(本人提供)

終戦時兵員640万人を数える日本史上最大の組織だった旧陸軍。その膨大な物と金を具体的に動かしていたのが、陸軍省経理局を頂点とする陸軍経理部だった。元防衛事務官として自衛隊の装備品調達を担当した異色の経歴を持つ会計学者、本間正人・秀明大准教授の話題作『経理から見た日本陸軍』(文春新書)は、従来ほとんど注目されてこなかった陸軍経理部に光を当て、その制度の詳細や総力戦で果たした役割、戦後への影響を考察する。

戦地で日本酒量産⁉

軍隊といえども一官庁なので、毎年の予算の範囲内で法令に基づいて人と物と金を動かす必要がある。このうち陸軍の物と金、つまり兵器に代表される多種多様な軍需物資の調達や兵員の衣食住管理、さらに財務を一手に担っていたのが経理部だ。

ランキング

  1. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  2. 住民人口を過少見積もり マンホールから汚水あふれる 茨城・常陸太田

  3. 【びっくりサイエンス】過剰な筋トレに死亡、がん発症リスク 東北大など解明

  4. 福島第1原発、1号機圧力容器の土台損傷 鉄筋露出

  5. 【クローズアップ科学】トンガ沖海底火山 19世紀以来の幻の自然現象だった

  6. 和田アキ子さんがコロナ感染

  7. 排便・排尿を自動検知し記録 NEC子会社が開発、介護の負担を軽減

  8. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(22)WBA元世界王者・上原康恒 コザまでの凱旋パレード

  9. 【朝晴れエッセー】ケーキと芋粥・5月24日

  10. マスクなしの昼寝で園児クラスター、電気通信大など調査

会員限定記事