映画「フィールド・オブ・ドリームス」ロケ地に球音と歓声 米大リーグが公式戦開催

トウモロコシ畑の中に作られたフィールド。試合開始前、両チームが整列したようす(写真・山田結軌)
トウモロコシ畑の中に作られたフィールド。試合開始前、両チームが整列したようす(写真・山田結軌)

米大リーグは12日、中西部アイオワ州ダイアーズビルの映画「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地で、ホワイトソックス―ヤンキースの公式戦を開催した。選手は映画のワンシーンを再現したようにトウモロコシ畑から登場し、観客もトウモロコシ畑を通って球場入りし、雰囲気を満喫した。収容人員8000人の特設球場には球音とファンの歓声が響いた。

試合前の式典に登場した俳優ケビン・コスナーさん=12日、米アイオワ州ダイアーズビル(UPI=共同)
試合前の式典に登場した俳優ケビン・コスナーさん=12日、米アイオワ州ダイアーズビル(UPI=共同)

主演俳優だったケビン・コスナーさんも駆け付けた。試合前、グラウンドで「夢は生き続けている」とあいさつ。客席には「ここは天国か」と有名なせりふで呼び掛けた。

両軍選手は20世紀初頭のチームのデザインを模したユニホームでプレー。ヤンキースの主力アーロン・ジャッジ外野手は「伝説の選手と同じようにトウモロコシ畑を歩けたのは夢みたいだ」と感慨に浸った。

映画にちなみ、トウモロコシ畑から出てくる米大リーグ、ホワイトソックスとヤンキースの選手ら=12日、米アイオワ州ダイアーズビル(UPI=共同)
映画にちなみ、トウモロコシ畑から出てくる米大リーグ、ホワイトソックスとヤンキースの選手ら=12日、米アイオワ州ダイアーズビル(UPI=共同)

同州でのメジャー公式戦は初。当初は昨年8月の予定だったが、新型コロナウイルス禍で延期されていた。大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーは来季も同地で試合を開催すると発表した。(共同)