パラ聖火リレー 陸上トラックを周回 埼玉県

さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)
さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

埼玉県は12日、公道走行の中止を決めた東京パラリンピックの聖火リレーの代替措置として、走行予定だった141人全員に朝霞中央公園陸上競技場(朝霞市)のトラックを走って聖火をつないでもらうと明らかにした。公道からトラックに舞台を移す格好で、新型コロナウイルスの感染防止を図りながら、大会の機運を少しでも高めたい考えだ。

県内での聖火リレーは19日に6市町(幸手市、蓮田市、白岡市、川島町、入間市、朝霞市)の5区間計7・7キロで予定されていた。代替措置のリレーは同じ19日に実施し、ランナー内定者は予定されていた区間ごとにトラックを3周ずつ走って聖火をつなぐ。1人あたりの走行距離は100~200メートルとする。

代替措置のリレーは「パラリンピック聖火フェスティバル」のプログラムの一つ。フェスティバルでは代替措置に先立ち、県内17市町村で採火した聖火の元となる火を集める「集火式」を実施する。横瀬町では7月中旬に県内最大の棚田「寺坂棚田」に設置した「かがり火」から採火し、町内で保管しているという。

ランナー内定者が代替措置のリレーでつなぐのが、この集火式で集めてつくる「埼玉のパラリンピック聖火」だ。フェスティバルの最後には、この聖火を東京都に送り出す「出立式」を行う。東京五輪で女子20キロ競歩に出場した上尾市出身の岡田久美子さんが出立を宣言する。

埼玉を出た聖火は、20日に行われる東京都の集火式で、パラ発祥の地とされる英国ストーク・マンデビルで採火した火と日本国内から集められた火と一つになる。

埼玉のフェスティバルは原則無観客で、県はインターネットによるライブ中継での視聴を呼び掛けている。県内のパラリンピックは30日~9月5日に、射撃競技が陸上自衛隊朝霞訓練場(朝霞市など)で開催される。(中村智隆)