都心で交通死亡事故ゼロ2千日超 駒込署の対策とは

交通安全啓発運動で、道行く人にチラシを配る地域の住民=文京区本駒込(根本和哉撮影)
交通安全啓発運動で、道行く人にチラシを配る地域の住民=文京区本駒込(根本和哉撮影)

交通事故死者数が昨年155人(前年比22人増)を数え、53年ぶりに全国ワーストとなった都内で、文京区を中心とした地域を管轄する駒込署が、交通死亡事故ゼロを2178日(1日現在)継続している。都内で2千日を超えているのは他に原宿署の2165日だけ。地域住民による交通安全活動への協力に加え、横断歩道脇の環境に着目した独自の対策が功を奏しているようだ。(根本和哉)

地域住民の協力

「自転車の事故が増えているから、気を付けてくださいね」。駒込署管内の上富士前交差点(文京区本駒込)で平日の朝、同署員と地域住民約15人が、信号待ちの自転車とバイクの運転手に声をかけていた。

配布されたチラシを受け取った近くに住む会社員の女性(40)は「交通安全を呼びかけてくれているのはよく見る。子供もいるし、自分も気を付けようという気になる」と話した。

警視庁交通総務課によると、駒込署管内では、平成27年8月15日に最後の事故が発生して以来、死亡事故が起きていない。

同署の山下宏交通課長は「管内に大きな繁華街がなく、夜間帯の交通量が少ない」と死亡事故ゼロの背景を説明しつつ、「地域住民の協力」を一番の理由に挙げる。歴史が古い街で住民に地域への愛着が強く、ボランティアで交通安全運動に参加する人も多い。小学校での交通安全教育も手厚く、「署だけでなく、地域が一体となって交通安全のために活動している」(山下課長)という。

駒込交通安全協会の鳥山金一郎会長(72)は「警察や地域住民と協力して地道に取り組んできた積み重ねだと思う」と話す。

協会のホームページでは交通事故発生状況などの情報を発信し、協会員による自転車の交通事故防止DVDを作製。小学校の交通安全教育に用いるなどの活動を積極的に行っている。

子供に気づきやすく

駒込署が独自に始めた対策もある。今年1月、ドライバーから横断歩道を渡る子供を見えやすくするために、横断歩道に近いガードレール周囲の植栽を伐採▽ガードレールに取り付けられた板を撤去▽横断歩道脇に置かれた水防用の土嚢(どのう)を移動-などを実施した。

背の低い子供が横断歩道を渡ろうとする姿にドライバーが気づきやすくなり、発案した北川雅俊署長は「『子供がいる』と分かれば注意ができる。道路環境を少しでも改善したいと考えた」と説明する。

この対策は警視庁内でも評価され、本部から参考にするようにとの連絡が各署へ回ったという。ドライバーからも「視界が良くなった」といった声があり、今後、都内全域へ広がっていくことが期待されている。

同署の入り口には、「死亡事故3千日ゼロを目指す」との思いが込められた、3千羽分の千羽鶴が飾られている。「これからも地域と協力し、交通事故を防止していきたい」と署員らは誓っている。