立民県連、衆院富山2区で元会社員擁立を正式表明

立憲民主党富山県連は12日、富山市で記者会見し、次期衆院選富山2区に元会社員の越川康晴氏(57)を擁立すると正式表明した。越川氏は「庶民や労働者の気持ちに寄り添い、明るい社会をつくる」と抱負を述べた。

越川氏は同県魚津市出身、慶応大文学部卒。富山2区には、自民党の上田英俊県議(56)が立候補の意向を示している。

会員限定記事会員サービス詳細