森「技術だけでは駄目」 トランポリン五輪振り返り

女子予選 第2演技を終えた森ひかる=7月30日、有明体操競技場
女子予選 第2演技を終えた森ひかる=7月30日、有明体操競技場

トランポリン女子のエース森ひかる(金沢学院大ク)が12日、オンラインで記者会見し、予選敗退に終わった東京五輪を振り返り「ただ技術があるだけでは駄目で(精神面を含めて)全てが強い選手があの舞台で輝ける。五輪の舞台に立ったからこそ感じられた」と語った。

22歳の森は2019年世界選手権では個人の女子で日本勢初優勝を果たし、五輪でメダル獲得が期待されていた。五輪後は休養に充てており、今後については「どんな道に進むか分からないけど、トランポリンをやるなら中途半端な状態ではやりたくない。覚悟を持てたときにもう一度スタートしたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細