テレ朝酒宴「恥ずべきこと」 玉川徹氏も番組で謝罪

テレビ朝日の社屋=東京都港区
テレビ朝日の社屋=東京都港区

テレビ朝日スポーツ局の五輪担当社員ら10人が8日夜から9日未明にかけ、飲酒を伴う五輪の打ち上げ宴会を行ったうえ、うち1人が転落して救急搬送されたことを受け、同局の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」の玉川徹コメンテーターは11日、「テレビ朝日の社員として、視聴者の皆さまの信頼を損ねたことに謝罪を申しあげます。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

玉川氏は番組内で、「3つ大きな問題がある」と分析。①緊急事態宣言下で飲食店に酒類の販売自粛が呼びかけられる中、呼びかける立場のテレ朝社員が10人で集まり、酒を飲み宴会をしていた②五輪に関して感染拡大が危惧される中、拡大防止を訴える立場である五輪担当社員が宴会をしていた③医療体制が逼迫(ひっぱく)する中、無用な負荷を救急医療体制にかけた―の3点を指摘した。玉川氏は「3点はどれ一つとっても恥ずべきことで非難されるべきこと。怒りを禁じえません」と厳しい口調で語った。

そのうえで玉川氏は、「なぜこういうことが起きてしまったのか。調査委員会などを作って、全て明らかにする必要があると私は思う」と提言。「社員個人の資質の問題なのか、指導が足りなかったのか。それとも、テレビ朝日の構造的な問題なのか。全て明らかにして、視聴者の皆さまに全てお伝えする。そこからしか信頼は回復できないと思う」と断じた。

また、羽鳥慎一キャスターも「ありえないことだと思います。自覚がないというレベルをはるかに超越しております。特にやってはいけない立場の人間が、やってはいけないことを今回全てやりました。とても恥ずかしいです。『どの口が言ってるんだ』という思い、ご批判をしっかり受け止めながら、放送を続けていきたい」と述べた。

>テレ朝の五輪担当が打ち上げで飲酒、店外に転落して入院