速報

速報

北が短距離弾道ミサイル2発、平壌の空港付近から

自民・下村政調会長「衆院選前に総裁選を」

自民党の下村博文政調会長(春名中撮影)
自民党の下村博文政調会長(春名中撮影)

自民党の下村博文政調会長は11日夜のBS―TBS番組で、菅義偉(すが・よしひで)首相の党総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選を、衆院選前に行うべきだとの認識を示した。「自民党は国民から非常に厳しい目で見られている。今の自民党やウィズコロナの日本をどうするか、衆院選前に総裁選で議論することについて若手から相当意見が挙がっている。私もそう思う」と述べた。複数が立候補し、党員・党友投票を行う「フルスペック」で総裁選を実施すべきだと主張した。

下村氏は総裁選への出馬意欲があるとされており、発言は波紋を呼びそうだ。

番組で共演した立憲民主党の安住淳国対委員長は新型コロナウイルスの感染が深刻だとした上で、「本当に自分の党のためだけに政治日程を1カ月使って総裁選をやるのか。物理的に無理ではないか。国民のためではなく、党利党略であれば、日本にとって不幸なことだ」と牽制(けんせい)した。