仮想通貨660億円流出か サイバー攻撃、過去最大 - 産経ニュース

メインコンテンツ

仮想通貨660億円流出か サイバー攻撃、過去最大

「分散型金融」と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)サービスを手掛けるポリ・ネットワークは10日、サイバー攻撃を受けて仮想通貨が不正に流出したと発表した。米メディアによると流出額は約6億ドル(約660億円)。2018年に仮想通貨交換業者のコインチェックから流出した580億円相当を上回り、過去最大になると伝えた。

分散型金融は、特定の仲介者や管理主体を必要としない仮想通貨の金融サービスで、プログラムで自律的に運営されている。仮想通貨の売買や貸し借りを容易にできるのが特徴で、利用者が近年急増しているとされるが、安全性の課題が浮き彫りになった。

ポリ・ネットワークは不正送金先のアドレスのほか、ハッカーに悪用された脆(ぜい)弱(じゃく)性を特定するなど調査を進めている。(共同)