水上で危険走行、殺人未遂で告発 明石市長「看過できぬ」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

水上で危険走行、殺人未遂で告発 明石市長「看過できぬ」

泉房穂・明石市長
泉房穂・明石市長

兵庫県明石市は10日、市内の海岸で遊泳する人の近くを水上バイクで走る危険行為をしたとして、容疑者不詳のまま殺人未遂と県水難事故防止条例違反の罪で神戸海上保安部に告発状を提出した。

市によると、今月上旬のテレビのニュースで、シュノーケルを着けた人が潜った後に近くを水上バイクが猛スピードで通過したり、パドルボードに乗る人が、横を通った水上バイクに大量の海水をかけられたりする映像が放映された。

同保安部に提出に出向いた泉房穂(ふさほ)市長は「危険行為であることは明らかで看過できない。事故が起きてからでは遅い」と述べ、適正な捜査と処罰を求めた。