フォト特集

伊藤「そんなに実感ない」 侍ジャパン、金メダル獲得に貢献

東京五輪の金メダルを手に笑顔の日本ハム・伊藤=10日、札幌市内(代表撮影)
東京五輪の金メダルを手に笑顔の日本ハム・伊藤=10日、札幌市内(代表撮影)

東京五輪の野球日本代表で日本ハムの伊藤大海投手が10日、札幌市内の室内練習場で取材に応じ、金メダル獲得について「まだそんなに実感はないが、本当にすごいことに携われたんだなと思う」としみじみ語った。

コンディション不良で出場を辞退した菅野(巨人)の代役として、新人ながら代表に選出された。本来の先発ではなく、中継ぎとして3試合に登板して無失点で優勝に貢献。「一流の選手と1カ月近く、一緒に時間を過ごせた。いろんなことを吸収できた」と充実感を漂わせた。

ギャラリーページで見る

この日行われたチームの全体練習には参加せず、休養に努めた。13日からの後半戦に向けて「ここからまた緊張感を持って、勝ちにつながる投球ができるように」と表情を引き締めた。

会員限定記事会員サービス詳細