菅首相「日本選手の大活躍、国民に勇気与えた」

東京五輪組織委・JOC(左から)福井烈選手団長、山下泰裕JOC会長、橋本聖子組織委員長から表敬を受ける菅義偉首相=10日午前、首相官邸(春名中撮影)
東京五輪組織委・JOC(左から)福井烈選手団長、山下泰裕JOC会長、橋本聖子組織委員長から表敬を受ける菅義偉首相=10日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は10日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と官邸で面会し、「日本の選手が大活躍だった。多くの国民に勇気を与えてくれたのではないか」とたたえた。その上で「政府としてはこれからもスポーツ界をしっかり応援したい」と述べた。

橋本氏は警察、自衛隊、空港職員などの協力に謝意を表明。24日に開会式を迎えるパラリンピックについて「復興を象徴する大会になるようにつなげていきたい」と述べた。これに対し、首相は「パラリンピックに向けてよろしくお願いします」と応じた。

面会には日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長らも同席。山下氏は、日本選手団が史上最多のメダルを獲得したことを念頭に「これだけの成績を残せたのは、国からの自国開催の五輪への多大なる支援があってできた」と述べた。