千田嘉博のお城探偵

「天守郭」を持つ特別仕様 和歌山城

戦後、復元された和歌山城の「天守郭」。写真左側の森が高まっている部分が本丸にあたる=筆者撮影
戦後、復元された和歌山城の「天守郭」。写真左側の森が高まっている部分が本丸にあたる=筆者撮影

近世和歌山城のはじまりは、羽柴秀吉による1585(天正13)年の築城にさかのぼる。翌86年に桑山重晴が和歌山城代になって築城をつづけた。1600(慶長5)年に関ケ原の戦いが起きると、家康に味方した浅野幸長が37万石の領主として入城し、さらに城を拡張した。

そして、1619(元和5)年には55万石で徳川頼宣(よりのぶ)が和歌山城主になった。浅野時代にすでに天守もあって城の格式は整っていたが、頼宣もまた城を大拡張して、ついに現在の規模になった。

江戸時代には、大名の転封による城主の交代はその後もあった。近世初頭以降は、城主が代わっても城を大改造することはほとんどなくなった。それを考えると、近世初頭までの城は大名の個性をなんと色濃く示したことか。近世初頭の城はオーダーメード住宅だったのに対して、中期以降はまるで借家であった。

それは江戸幕府が城の増改築を強く規制した結果でもあったが、和歌山城は規制の厳しいなかで天守の再建を実現した。1846(弘化3)年に落雷で天守が焼失すると、幕府は御三家特例として天守の再建を認め、50(嘉永3)年に新たな天守が完成した。幕末の政情不安のなかで、武士の権威を改めて示すシンボルとして、天守を求めたのだろう。

和歌山城を訪ねると、戦後に復元した天守群が建つ「天守郭」と、本丸が城の中央に並び立つ特異な構成を体感できる。ふつうは城の本丸に天守があったが、和歌山城は本丸よりも高い位置に「天守郭」があった。これは和歌山城の高度な城づくりを物語る大きな特色で、浅野氏時代にできたと考えられる。

織田信長の安土城(滋賀県)は、本丸のさらに上位の空間として詰丸(つめのまる)(現在は二の丸と呼ぶ)をもち、そこに天主があった。姫路城(兵庫県)は、城主の御殿が立つ本丸(備前丸)の上位空間として、大小天守を組み合わせて軍事機能に特化した天守曲輪(くるわ)を備えた。

和歌山城はこうした城のつくりをさらに一歩進め、本丸より一段高い尾根の上に、卓越した軍事機能を発揮した「天守郭」を置いた設計だった。近世城郭の到達点のひとつとして、和歌山城中心部は高く評価できる。

和歌山城のすごさは山頂の曲輪群だけではない。徳川時代に整備した山麓の曲輪群のうち、東側山麓の御蔵(おくら)の丸は隠れた見どころである。現在は城内を南北につなぐ通路のようだが、実は御蔵の丸は、徳川大坂城や徳川二条城と共通した石垣で仕切った巨大馬出しだった。馬出しは出撃機能に優れた高度な出入り口で、和歌山城の御蔵の丸は、日本屈指の規模で、わが国の馬出しの最終形態と位置づけられる。

ところが現在の和歌山城の整備ではその重要さを見落としていて、ここを桜の森のようにしている。馬出しは本来広場であって、空地(くうち)であることに歴史的意味がある。空地があれば桜を植えればよいと考えるのは、城としての和歌山城の本質を理解できていない表れのように思う。名城のすばらしさを体感する整備を期待したい。

(城郭考古学者)

和歌山城 和歌山市の紀の川河口に築かれた平山城で、明治維新まで徳川御三家のひとつ「紀州徳川家」の居城だった。天守群は1945(昭和20)年7月の「和歌山大空襲」で焼失。58(同33)年、鉄筋コンクリートで復元された。

会員限定記事会員サービス詳細