首相、帰省自粛呼びかけ 「極めて大事な時期」

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で、あいさつする菅首相=9日午前、長崎市の平和公園(代表撮影)
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で、あいさつする菅首相=9日午前、長崎市の平和公園(代表撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は9日、長崎市内での記者会見で、新型コロナウイルスの感染対策について「今週からお盆の時期を迎える。感染力の強い変異株により、かつてない感染拡大が進んでいる中で極めて大事な時期だ」と強調した。その上で「帰省、旅行も極力避けていただき、やむを得ないときは検査をしながら身近な人と小人数で行くなど若い人たちにも協力していただければ」と語った。

首相は新規感染者に占める30歳以下の割合が7割を超えているとして「若い人の対策が極めて大事だ」と指摘し、ツイッターや動画投稿サイト「ユーチューブ」でワクチン接種を呼びかけているとした。また、「若者から家庭への感染が広がっているという指摘がある。若者でも重症化のリスクが高まっているし、後遺症がある方も出てきている。若いから影響がないということではないということも認識いただきたい」と述べた。

首相はまた、総接種回数が1億回を超えたとし、65歳以上の高齢者の8割以上が2回接種を終えていること説明した。さらに「1日も早く2回接種を進めていくことが感染拡大、重症化防止に大いに効果がある。そうした目標を立てながら全力で取り組んでいる」と語った。

一方、東京都で新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されている中で長崎市を訪問した理由を問われ、「長崎と広島で起きた惨禍によってもたらされた苦しみを二度と起こしてはならない。首相として強い思いの下で東京は宣言下だが訪問し、(長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念)式典に参加した」と述べた。