NY知事「責任負うべき」セクハラ被害女性訴え

米CBSテレビの取材に応じるブリタニー・コミッソさん(左)=8日、ニューヨーク(AP)
米CBSテレビの取材に応じるブリタニー・コミッソさん(左)=8日、ニューヨーク(AP)

米東部ニューヨーク州のクオモ知事(民主党)からセクハラ被害を受けたとして刑事告訴した元側近の女性が実名で米メディアの取材に応じ、クオモ氏の行為は犯罪であり「責任を負うべきだ」と訴えた。CBSテレビなどが8日、伝えた。

名乗り出たのはブリタニー・コミッソさん。クオモ氏から複数回にわたって体を触られるなどの被害に遭ったと明らかにした上で「話しても誰にも信じてもらえない」と感じていたため、これまで声を上げることができなかったと語った。

一方、クオモ氏の秘書で最側近として知られるデローザ氏は8日、辞任を発表した。セクハラ告発者への報復行為に関与したとされ、批判を浴びていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細