【Dr.國井のSDGs考 ~置き去りにしない社会を目指して⑧】「私たちの国は有事を真剣に考えてこなかった」 前厚労省医務技監・鈴木康裕さん㊥(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

Dr.國井のSDGs考 ~置き去りにしない社会を目指して⑧

「私たちの国は有事を真剣に考えてこなかった」 前厚労省医務技監・鈴木康裕さん㊥

前厚生労働省医務技監の鈴木康裕氏(右)
前厚生労働省医務技監の鈴木康裕氏(右)

「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(通称・グローバルファンド、GF)」の戦略・投資・効果局長を務める医師の國井修氏が、誰も置き去りにしない社会について会いたいゲストと対談する企画の8回目は、前厚生労働省医務技監の鈴木康裕氏を招いた。今回は國井氏のふるさとで鈴木氏も赴任した栃木の話で盛り上がった後、日本の危機管理のあり方について話が及んだ。

國井 WHO(世界保健機関)でやりとげたことをひとつあげるとしたら何ですか?

鈴木 前半について言えば、世界保健の日に毎年出すリポートで、精神保健に特化した1冊を作ることができたことです。精神保健対策の重要性を可視化させることができたと思います。後半については、ポリオですね。根絶まであと一歩のところで今も足踏みしていますが、日本のロータリーにもお願いして相当な資金を集めながら、あと一歩まで追い詰められたのは大きかったですね。

國井 ポリオは2000年までに根絶するという当初の目標があり、それが難しくなって新しい戦略を立てたと思いますが、そのころですね。

鈴木 ポリオが残った国は内戦がある国でした。ゲリラと政府軍の紛争地域にはボランティアも入っていけないし、予防接種が政治の道具として使われてしまう。相手側の陰謀だから受けない方がいいと言われたりしてつらかったですが、1週間休戦してその間に予防接種をすることに双方が合意できた成功例もありました。

國井 一番大変だったことは何ですか?

鈴木 人事管理ですね。1万2千人の上に立つのはものすごく大変で、日本人なら雰囲気もわかり合えますが、WHOでは幹部を集めた会議で皆が別々のことを言う。どうやって落としこむかは、相当難しかったです。私は鈍感なので下の人に何を言われても気にしないんですが、気にする人はつらいと思います。

國井 鈍感力は大切ですよね。ぼくも人事が本当に大変で…。職員個人の給与の話からハラスメントの話まで、いろいろな国から来た、異なった文化・習慣を持つ人がいろいろな自己主張や相談をしてきますからね(笑)。

鈴木 われわれは受験戦争の中で、解決策が入った選択肢からどれだけ早くそれを見つけるかというトレーニングしかしていない。でも、世の中に出てみると絶対的な解決策がどこかに置いてあるわけじゃないんですよね。

國井 そして、WHOでの任期を終えて日本に帰ってきたら、栃木へ異動だったんですよね?

鈴木 厚労省の医系技官は各県に出向するんですが、栃木は東京からも近く県の人も出向者を大事にしてくれるので、人気が高いんですよ。ただ、私は日本に帰ってきて1週間後に栃木に異動。すべての荷物を東京に送った後に辞令を受け取り、もっと早く言ってくれたら栃木に送れたのにと思いましたけど(笑)。

國井 「若くしてえらくなったので、栃木に左遷された」なんて当時言われていましたよね。ぼくは栃木出身なので、栃木への異動は栄転だと思うんですが(笑)。

鈴木 卒業してすぐに地方に出たのが秋田で、二度目が栃木。いずれももっとも脳卒中が多い地域です。秋田は塩分の摂取が多く、冬の間野菜が取れないので塩蔵して雪に埋めていた。漬物にしょうゆをかけたものがお茶のつまみなんですが、それほど塩分が高かったんですね。栃木は塩分摂取も高かったかもしれませんが、驚いたのは寒さです。県都の宇都宮でさえ、冬の朝は公舎の窓が結露しちゃう。北海道などの寒い地域では結露対策で窓が二重になっているんですが、栃木は関東基準で建築されているので窓も一重で建物も寒いんですよ。栃木の人の脳卒中は明らかに冬に多い。トイレや風呂場で服を脱ぐと、寒いから血圧が急上昇してヒートショックで脳卒中を起こすんです。

國井 東北地方は脳卒中対策に減塩対策などを積極的に行ったんですが、栃木は東北じゃない、関東だという自負から減塩運動が遅れたとの説もありますが。

鈴木 最近とてもショックだったのは、栃木県が都道府県魅力度ランキングで最下位になったことです。

國井 そうそう! 最下位ってなかなかなれませんから、すごいことだと僕は思いますが。

鈴木 栃木の人は「大丈夫だ」というときに「だいじだ」と言うでしょう? ぼくはあれがすごく好きでした。お米もそばもいちごもおいしいし、県民所得も高い。でも、栃木は中学校の成績が良くないとレベルの高い県立高校に入れないので、家族での転勤が難しく単身赴任が多いんです。そういうところと口下手なところが評価を下げちゃうのかもしれません。

國井 栃木では何を担当していらしたんですか?