「東京音頭」選手も踊り出す 日本古来の祭りでおもてなし

「東京音頭」を踊る参加者ら=8日、国立競技場(恵守乾撮影)
「東京音頭」を踊る参加者ら=8日、国立競技場(恵守乾撮影)

国立競技場では東京五輪の閉会式が続く。灯籠の明かりの中、女性が追悼の思いを込めた踊りを披露する。

さらに、日本全国で古来から引き継がれてきた歌や踊りが披露される。盆踊り、沖縄のエイサー、アイヌの踊りなどがモニターに映し出される。

そして、会場には「東京音頭」が流れ出す。懐かしい太鼓の音がスタジアムに響き、浴衣姿の人々が輪になって踊る。

日本選手団をはじめ、見よう見まねで振り付けをあわせ、踊り出す各国選手の姿も。会場に笑顔が広がった。

会員限定記事会員サービス詳細