米ロック歌手の娘「銀」 両親にビデオ通話で報告

馬術障害飛越の団体で銀メダルを獲得した米国チームのジェシカ・スプリングスティーン=7日、馬事公苑(ゲッティ=共同)
馬術障害飛越の団体で銀メダルを獲得した米国チームのジェシカ・スプリングスティーン=7日、馬事公苑(ゲッティ=共同)

7日に行われた東京五輪の馬術障害飛越団体決勝で米大物ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンさん(71)の娘、ジェシカ・スプリングスティーン(29)がメンバーの米国が銀メダルを獲得した。五輪初出場のスプリングスティーンは競技終了後、「とても興奮した。両親とはビデオ通話で少しだけ話した。大騒ぎだった」と笑顔で話した。

米メディアによると、両親は米国の自宅でテレビ観戦。新型コロナウイルス感染拡大で競技会場が無観客となり、来日を見送った。

スプリングスティーンのメダル獲得は海外でも関心が高く、ツイッターでもトレンド入り。競技場近くでは、日本のファンも予選から連日声援を送った。団体金メダルは「ジャンプオフ」(優勝決定戦)を制したスウェーデン。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細