台風9号接近で特急や湖西線の一部を計画運休 JR西 - 産経ニュース

メインコンテンツ

台風9号接近で特急や湖西線の一部を計画運休 JR西

 JR西日本は8日、台風9号の接近に伴い、9日に京阪神を発着する一部の特急列車計30本を計画運休すると発表した。滋賀県内を走る湖西線の一部区間(近江舞子-近江塩津)も9日の始発から正午ごろまでの運休を決めた。

 同社によると、計画運休する特急は「サンダーバード」(大阪-金沢)上下線6本▽「しらさぎ」(名古屋、米原-金沢)同10本▽「くろしお」(新大阪-新宮、白浜など)同14本-としている。湖西線経由の新快速は京都-近江塩津間の運転を取りやめる。

 京都線や神戸線など他の路線は始発から通常通りに運行する予定。ただ、台風の影響でダイヤの遅れや運転見合わせの可能性もあるという。