クライミング野中 故障乗り越え根性で「銀」つかむ - 産経ニュース

メインコンテンツ

クライミング野中 故障乗り越え根性で「銀」つかむ

女子複合決勝スピードの野中生萌=青海アーバンスポーツパーク
女子複合決勝スピードの野中生萌=青海アーバンスポーツパーク

限界まで力を振り絞った。右手首と右ひざの故障を抱えながらスポーツクライミング女子複合の野中生萌が銀メダルを獲得。「まだ実感がない。何よりも(野口)啓代ちゃんとメダルが取れてうれしい」と喜んだ。

最初のスピードは3位。続く得意のボルダリングは第2、3課題(コース)で途中のボーナスに当たるゾーンを獲得し、3位に食い込んだ。最後のリードは5位。「痛みを無視してガンガン、テクニックを出した。痛みをこらえられた」と順位をまとめた。

五輪への道は故障との闘いだった。出場権が懸かった2019年8月の世界選手権では両肩に痛みを抱えながら出場。棄権も考えたが、最後まで壁へ挑み、最終的に代表権を勝ち取った。「気持ちの強さ」を学び、大舞台でもその経験が生きた。

「あきらめずに、すべて乗り越えてきてよかった」。根性でつかみ取ったメダルだった。(神田さやか)

ボトムコンテンツ