ゴルフ銀の稲見萌寧「人生で一番うれしい」

銀メダルを獲得した稲見萌寧=7日、霞ケ関CC(納冨康撮影)
銀メダルを獲得した稲見萌寧=7日、霞ケ関CC(納冨康撮影)

東京五輪ゴルフ女子で銀メダルを獲得した稲見萌寧(もね)=都築電気=が表彰式後のインタビューに応じ、「日の丸を背負ってメダルをとれたことは私の人生のなかで、一番名誉でうれしい」と語った。「ゴルフの歴史を変えましたね」と問われると「そう言われると、重大な任務を果たしたのかな」とおどけた。また、「(五輪は)夢舞台だったが、いい夢のまま終われてよかった」と初めての五輪を充実した表情で振り返った。

一方、9位タイだった畑岡奈紗は「攻めるゴルフはできたが、決めきれなかった」と自身のゴルフを振り返った。「国を代表してプレーをしているのでもっといいプレーをしたかった。ピークをもってこれなくて悔しい結果になったが、(五輪は)素晴らしい経験だった」と語った。

>【フォト特集】22歳 稲見「銀」 ゴルフ女子、日本初



会員限定記事会員サービス詳細