アフガンでタリバン猛攻、7月に1000人超死傷 国連報告

6日、アフガニスタン西部ヘラートで警戒する政府側の民兵(AP=共同)
6日、アフガニスタン西部ヘラートで警戒する政府側の民兵(AP=共同)

国連アフガニスタン支援団(UNAMA)のライオンズ代表は6日、国連安全保障理事会への報告で、アフガンの反政府武装勢力タリバンによる猛攻が都市部に及び、南部ラシュカルガーやカンダハル、西部ヘラートの3都市だけで「7月に千人以上が死傷した」と明らかにした。タリバンに攻撃停止を求める声明を出すよう安保理に要請した。

駐留米軍が4月下旬に撤退を開始以降、タリバンは力の空白を突き、多くの地方の地区を武力制圧し、都市部にも進撃。ライオンズ氏は「アフガンの戦争はより致命的で破壊的な新たな段階に入った」と指摘した。

タリバン支配地域では処刑や殴打などの残虐行為やメディアの弾圧が行われているとして「強い懸念」を表明。タリバン統治を恐れる人が多く、今年は避難民が倍増すると予想した。(共同)