タリバン、北部州都支配か、政府否定も猛攻続く

アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンは7日、声明を発表し、北部ジョズジャン州の州都シェベルガンを「支配下に置いた」と主張した。政府は否定し、州政府施設数カ所が奪われたが戦闘は続いていると説明した。タリバンは6日に南西部ニムルズ州の州都ザランジを制圧しており、猛攻が続いている。

首都カブールの米大使館は7日、治安悪化と職員の減少により、滞在中の米市民への支援が限られるとして、民間航空機ですぐに出国するよう呼び掛けた。

タリバンは声明で、シェベルガンの刑務所を占拠し囚人を解放したと主張した。駐留米軍が4月に撤退を開始して以降、タリバンは多くの地方で制圧を拡大し都市部に進撃した。米軍は今月末までの撤退完了を予定している。(共同)