ドミニカが銅 韓国メダルなし 野球

野球3位決定戦に勝利し、歓喜のドミニカ共和国ナイン=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)
野球3位決定戦に勝利し、歓喜のドミニカ共和国ナイン=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)

東京五輪の野球は7日、横浜スタジアムで3位決定戦が行われ、ドミニカ共和国が10-6で前回の2008年北京大会で金メダルを獲得していた韓国を下し、同国野球の初の五輪メダルとなる銅メダルを獲得した。

ドミニカ共和国は一回、4番で元巨人のフランシスコの本塁打などで4点を先制。先発した元中日のバルデスが5回に韓国打線につかまり、逆転を許した。しかし1点を追う8回、韓国のストッパー、元阪神の呉昇桓を攻略。内野安打と四球などで満塁とし、暴投で労せず同点とすると、フランシスコが中越えへ2点適時二塁打を放ち、勝ち越し。続く5番のミエゼスも左翼へダメ押し2ランを放り込み、リードを4点に広げ、逃げ切った。