「勝ち組の女殺したくなる」小田急線刺傷容疑者が供述

警視庁成城署に入る対馬悠介容疑者=7日午前6時14分
警視庁成城署に入る対馬悠介容疑者=7日午前6時14分

小田急線の乗客10人が刺傷されるなどした事件で、川崎市多摩区の職業不詳、対馬悠介容疑者(36)=殺人未遂容疑で逮捕=が「以前サークルでばかにされ、出会い系でも断られるなどし、勝ち組の女や幸せそうなカップルを見ると殺したくなるようになった」と供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。

対馬容疑者は登戸駅で、別の電車から事件があった快速急行に乗り換えたことも判明。「快速急行は乗客が途中で降りられない。逃げ場もなく大量に殺せると思った」とも話しているという。

■「誰でもよかった」「幸せそうな女性殺したい」 小田急刃物男