長野・須坂市動物園 飼育員日誌

オグロプレーリードッグの鳴き声、聞けるかな

オグロプレーリードッグ=須坂市動物園
オグロプレーリードッグ=須坂市動物園

須坂市動物園では現在16匹のオグロプレーリードッグを飼育しています。尾が黒く、鳴き声が犬に似ていることからオグロプレーリードッグ(草原の犬)という名前がついたといわれています。犬に似ているとのことですが、齧歯(げっし)目リス科の動物です。

プレーリードッグ舎には外の水槽につながるトンネルがついているのですが、夜間はそのトンネルを塞いでいます。みんな天気が良い日はその水槽に行きたいようで、朝行くと「ここ開けて~」とトンネルの前でスタンバイしている子もいます。開けるとすぐに水槽の方に走っていきます。いろんな景色が見られて楽しいのでしょうか。

来園した際には鳴き声が聞こえるかな、今日は水槽の中にいるかなと、ぜひのぞいてみてください。いろんなプレーリードッグの姿を楽しんでいただけると思います。お待ちしています。(オグロプレーリードッグ担当 徳竹優華)