一山が8位入賞 女子マラソン日本勢17年ぶり

女子マラソンで8位入賞を果たした一山麻緒=7日、札幌市内(鳥越瑞絵撮影)
女子マラソンで8位入賞を果たした一山麻緒=7日、札幌市内(鳥越瑞絵撮影)

札幌市内で7日行われた東京五輪の陸上女子マラソンで、一山麻緒(ワコール)が、中盤まで先頭集団に残る力走をみせ、2時間30分13秒で日本勢17年ぶりの8位入賞を果たした。

日本勢は、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2時間33分14秒で19位、前田穂南(天満屋)が2時間35分28秒で33位だった。

暑さを避けるため、スタート時間を午前7時から6時に前倒しした異例のレース。気温上昇に伴う熱気も手伝い、先頭集団から徐々に選手が脱落していくサバイバルレースになった。35キロ過ぎから、先頭はケニア選手2人の争いとなったが、終盤、ペレス・ジェプチルチルが抜け出て、金メダルを獲得した。

2004年アテネ五輪で野口みずきが金メダルを獲得し、土佐礼子が5位、坂本直子が7位と出場選手全員が入賞を果たしたが、日本はそれ以降、メダルはおろか入賞からも遠ざかっていた。

会員限定記事会員サービス詳細